無担保ローンで重要になる返済比率の計算方法について

無担保ローンで重要になる返済比率の計算方法について

  •  
  •  
  •  

無担保ローンで重要になる返済比率の計算方法について

無担保ローンとは、その名前の通り、担保が不要のローンのことです。カードローンやフリーローンなどがこれにあたります。また、目的別ローンであっても、教育ローン、ブライダルローン、デンタルローンなどは基本的には担保が不要となっています。自動車ローンや住宅ローンについては、原則として自動車、住宅を担保に提供することになります。しかし、無担保の住宅ローンなどもあるので、厳格な決まりがあるわけではありません。本来無担保とされているフリーローンなどでも、担保を提供することでさらに高額なお金を借りられることもあります。さて、無担保ローンでは担保を提供しないため、契約者が返済不能になったときの回収手段がありません。連帯保証人がついている場合には連帯保証人からお金を回収することができますが、連帯保証人も返済不能となっているケースもあります。そのため、契約者が働いていて安定した収入があるということがとても重要になります。そこで重要になるのが、返済比率の値です。返済比率とは、返済負担率と呼ばれることもありますが、年収のうち、借金の負担がどれだけあるのかを数値で表したものです。具体的な計算方法としては、年間返済額から年収を割って計算されます。例えば、自動車ローンの支払いが月に3万円(年間で36万円)、住宅ローンの支払いが月に7万円(年間で84万円)あり、年収が500万円ならば、年間返済額の合計120万円から年収の500万円を割って、返済比率は24%となります。他に消費者金融からの借金や銀行カードローンなどがある場合には、これも年間返済額に含まれます。クレジットカードのキャッシング枠についても同様です。カードローンを所有している場合、例えば限度額100万円のカードローンを所有していて、実際に借りている金額が20万円だった場合、どちらの数値で計算されるのかということが問題になります。実際に借りている金額は20万円ですが、100万円までならその気になればいつでも借りられるので100万円で計算したほうが適切なような気もします。これについては、金融機関によって独自の基準で判断しています。カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は限度額いっぱいまで借りているものと見なされる場合もありますし、実際に借りている金額だけで計算される場合もあるということです。こういった審査基準についての情報は公開されていないので、審査に申し込む前にカードローンは解約しておくか、会社に電話をして限度額を下げておくことが無難です。

⇒オリックス銀行カードローンについて詳しくはコチラ

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

無担保ローンで重要になる返済比率の計算方法について関連ページ

カードローン人気ランキング

 

メニュー

 
OCO注文 脱毛 永久脱毛