無担保ローン|法人で利用する際の注意点とは?

無担保ローン|法人で利用する際の注意点とは?

  •  
  •  
  •  

無担保ローン|法人で利用する際の注意点とは?

法人が無担保ローンを使用して事業資金を調達するのを事業者ローンと呼びます。事業者ローンは、借入金額にもよりますが、無担保かつ第三者の保証人が不要というものが一般的ですが、無担保ローンの場合は、担保として不動産や営業資産などの提供の必要がないので、事業者ローンとしては人気があります。不動産等の有担保ローンによる事業者ローンに比べれば、無担保の事業者ローンは、一般的に金利が高く、借入金額も少額です。法人向けの無担保の事業者ローンを扱う業者は、金融機関とノンバンクの2つにわけられます。一般的には、金融機関のほうが、金利も低く長期的に借入が可能になります。ただ、金融機関の事業者ローンの場合には、審査の時間が掛かります。事業は生き物です。今すぐ、営業資金が必要な場合には、ノンバンクの無担保の事業者ローンを選択する法人が多いのもうなずけます。ノンバンク系の事業者ローンの場合には、個人事業主と法人の両方に対応しています。個人事業主よりは法人のほうが高い限度額での融資は可能になります。借入金額や返済期間によって支払い総額も変わります。事業者ローンを使用するには、一般的に連帯保証人を要求される場合が多いです。審査において、社長個人の信用や属性だけでは不十分と判断されれば、連帯保証人をたてなければいけません。たとえば、社長にすでに借金がある場合などは、ほとんどの場合は連帯保証人を金融機関は要求します。まれに、すぐれたビジネスプランの場合には、連帯保証人を要求されない場合もありますが、それは長年取引が継続している場合で、大抵の場合には、連帯保証人が要求されます。売掛金の回収予定が狂い、社員の給料が払えなくなった時などは、昨今の不況で増えているかと思います。計画的なリストラの場合でしたら、事前に売上予測をたてて、この時期にこれぐらい辞めてもらうという計画をたてられるのですが、急な資金繰りの悪化ばかりは、どうにもなりません。その場合、社長が自ら個人資産を切り崩して給料を払ったりもしますが、ビジネスに公私混同はあまり良くありません。無担保の事業者ローンであれば、審査に時間はかかりませんので、今月の入金予定が遅延して、社員の給料が払えないような不測な事態にも対応することができます。給料遅延や減額を引きおこし、社員に不信感を持たれずに済みます。資金繰りの異常を経営者のみで処理するためにも無担保の事業者ローンの利用をおすすめします。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

無担保ローン|法人で利用する際の注意点とは?関連ページ

カードローン人気ランキング

 

メニュー

 
OCO注文 脱毛 永久脱毛