無担保ローンで不動産が差し押さえられる事はありますか?

無担保ローンで不動産が差し押さえられる事はありますか?

  •  
  •  
  •  

無担保ローンで不動産が差し押さえられる事はありますか?

無担保ローンの最大のメリットは、担保を提供しなくても良いということです。担保には土地や建物などの物的担保と、連帯保証人などの人的担保があります。一般的には、物的担保も人的担保も必要ないローンのことを言いますが、連帯保証人や保証会社付きのローンを無担保ローンと呼ぶこともあります。ところで、無担保ローンでは不動産を担保に提供しないので、不動産を失うリスクがないと言う人がいますが、これは大きな誤解です。まずは有担保ローンの例で見てみますと、住宅ローンの場合、住宅ローンの支払いを3ヶ月以上滞納すると、不動産を競売にかける手続きが開始され、放っておくと住宅が売られてしまいます。無担保ローンの場合でも、実はよく似たことが起こります。返済を滞納すると、強制執行の手続きが開始され、土地、建物、自動車などの不動産が差押えられてしまいます。これも放っておくと、強制的に売却されてしまいます。また、自己破産をした場合にも、土地、住宅、自動車などの資産価値のあるものは売却して債権者への返済にあてることになります。つまりは、不動産を担保に入れているかどうかということは、債権者にとっては優先的に債権を回収できるというメリットがありますが、債務者にとっては返済ができなくなるとどちらにしても強制的に資産価値のあるものは売却されてしまうので、あまり大きな差はないということになります。むしろ、担保を提供したほうが低い金利で高額な融資を受けられるので得である場合も多いでしょう。しかし、無担保ローンにしかないメリットもあります。それは、任意整理ができるということです。有担保ローンの場合ですと、任意整理をすると高い確率で抵当権が実行されてしまい、担保に入れているものを売却して返済にあてられてしまいます。しかし、無担保のローンですと、担保権が実行されることはなく、交渉によって利息をゼロにしたり、遅延損害金を免除してもらうということができます。もちろん任意整理にはデメリットもあるので、安易に行うべきではないですが、いざとなったら任意整理で借金問題を解決できるということは大きいでしょう。結論としては、無担保のローンは、返済ができなくなったときの保証がなにもないため、債権者にとっても、債務者にとってもリスクの大きいものです。リスクが高い分、金利が高めに設定されていて、借入できる金額も少額になります。担保がなにもない以上、自分でしっかりと返済できるだけの金額を借りて、もしも返済が難しいと感じたら、早めに弁護士などに相談をして、任意整理で解決してしまうことが重要です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

無担保ローンで不動産が差し押さえられる事はありますか?関連ページ

カードローン人気ランキング

 

メニュー

 
OCO注文 脱毛 永久脱毛