無担保ローンと住宅ローンの関係について

無担保ローンと住宅ローンの関係について

  •  
  •  
  •  

無担保ローンと住宅ローンの関係について

中古物件を購入する際に利用するローンは、新築物件と同様に金融機関が提供している住宅ローンとなります。通常は、借り入れることができる人の条件として、借り入れ時に20歳以上で70歳の誕生日まで、そして完済時に80歳の誕生日まで、といった制限があります。借入金額に関しても、保証会社の担保評価等によって制限され、中古と新築に違いは無いと言えます。但し、借り入れ期間に関しては、中古物件は建物の耐久性が考慮されるので、新築に比べると短くなる場合があります。通常のローンの借り入れ期間は35年ですが、中古物件では適合証明を受けなければ、満額借り入れできないことがあるわけです。それ故、中古物件を探す際には、該当物件が適合証明を受けられるかどうか問い合わせることが必要になります。全期間固定金利の「フラット35」は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携してできたローンです。借り入れの際の審査では、申し込み時の年齢が70歳未満であることに加えて、支援機構の基準を満たしていることが借り入れの要件になります。中古物件の場合は、適合証明を受ける必要がありますが、専門の検査機関か適合証明技術者に依頼することが出来ます。但し、例外として築10年以内の中古マンションの場合、既に機構の耐性基準等をクリアしていれば、新たに適合証明を受けなくても当ローンを利用できます。フラット35の審査基準には、他のローン同様に収入に対するものがあります。年収に応じて要件となる経済負担率が違ってくるので、注意が必要になります。中古住宅を購入後、リフォームしたいと考える時の利用できるのが、民間の金融機関で扱われているリフォームローンです。銀行などで取り扱われているリフォームローンは、通常、無担保ローンで抵当権の設定を必要としません。無担保ローンは審査が早いのですが、借り入れできる金額は、比較的に少なくなっています。多くが50万?500万円ほどで、借入期間も最長10年と短くなっています。加えて、金利に関しても、変動金利であることが多く、固定金利の場合は住宅ローンより高くなります。それ故、中古物件のリフォームを考えているなら、購入時に同時に行うことが良いと言えます。それは、購入代金とリフォーム代金を一括で住宅ローンとして借り入れることができるからです。一方、購入後にリフォーム代金の借り入れ審査を受けると、ローン残高によっては借り入れが出来なくなる場合もあると言えます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

無担保ローンと住宅ローンの関係について関連ページ

カードローン人気ランキング

 

メニュー

 
OCO注文 脱毛 永久脱毛