無担保ローンは金利が高めに設定されているって本当?

無担保ローンは金利が高めに設定されているって本当?

  •  
  •  
  •  

無担保ローンは金利が高めに設定されているって本当?

銀行や消費者金融を利用すれば、お金を借りることが可能です。融資を受けるとなると一般的には担保や保証人を用意する必要があるように思いますが、実は担保や保証人を必要としない融資サービスも数多くあります。担保を必要としない無担保ローンとしては、銀行や消費者金融のカードローンやキャッシング、あるいはクレジットカードのキャッシングサービスなどが代表的です。これらの融資サービスは担保や保証人を必要としませんので、提供できるような担保を持っていなくても、多くの方が手軽に融資を受けることが可能です。担保や保証人を用意する必要がありませんので、思い立った時にすぐに利用することが可能です、最短で申込当日に融資を受けることも可能です。ただし、無担保ローンは手軽に利用出来ると言ったメリットだけでなく、逆にデメリットも存在します。デメリットの一つとしては、金利が高く設定されていることが挙げられます。担保を設定していれば、貸す側のリスク管理がある程度出来ていることになります。債務者が返済出来なくなった場合には、担保を換価して債権を回収することが可能です。一方、担保が無ければ最低限回収出来る債権の保証が無くなりますので、貸す側はある程度金利を高く設定してリスク管理を行うことが必要となります。ですのど、一概に無担保ローンが利用者にとって有利と言うわけではありません。また、無担保ローンは担保が必要なローンに比べて、融資額が低く設定されてしまいます。カードローンの場合は、銀行系カードローンの最大利用限度額は1 000万円で、消費者金融系カードローンの場合は500万円に設定されているケースが多いです。1 000万円程度の融資を受けることが出来れば、様々な使いみちが考えられますが、マイホームの購入などに関しては十分な金額とは言えません。ですので、住宅を購入する場合は担保を提供して住宅ローンを利用することが必要となります。カードローンは手軽に利用できますし、資金使途が自由な点が優れています。ですので、ある程度少ない金額の借入を利用する時に便利です。借入金額が少なければ、金利の高さもそれ程影響しませんので、数十万円程度の借入にはカードローンの利用が得策です。一方、高額な融資を受ける場合は、少しの金利の差が大きな利息負担の違いに繋がりますので、出来るだけ担保を必要とするローンを利用することが長い目で見れば非常に重要です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

無担保ローンは金利が高めに設定されているって本当?関連ページ

カードローン人気ランキング

 

メニュー

 
OCO注文 脱毛 永久脱毛