無担保ローン|勤続年数は関係ある?何年でOK?

無担保ローン|勤続年数は関係ある?何年でOK?

  •  
  •  
  •  

無担保ローン|勤続年数は関係ある?何年でOK?

無担保ローンは入職した直後に借りるのは難しいとされます。金融機関、ローンの種類にもよりますが、無理なく借入できる勤続年数は2年または3年とされます。ローンによっては1年や6ヶ月の勤続年数で借入できますが、勤続年数に関しては明記していない無担保ローンが多いです。金融機関内には独自データが存在していても、商品概要には記載していないことが多いのです。いずれにしても、短いよりは長いほうが有利なのは間違いありません。無担保ローンの代表格とも言えるのは、キャッシングとカードローンでしょう。これらのローンは20歳以上から融資してくれるものが多いです。18歳から働いている方だと、勤続2年で借入できる計算になります。転職の回数は少ないほうがよく、多すぎると収入が不安定だと判断されるからです。勤続年数を重視される理由は、収入の安定性の目安となるからです。転職を頻繁に繰り返している方は、収入が安定しないとみなされるのです。ローンの返済は1回で終わるものではありません。まとまった金額の借入になると、1年以上かかることも多いでしょう。キャッシングなどの多くは、借入期間の上限を5年や7年などの長期に設定していますが、実際にはもっと長期化する方も多いのです。返済した直後に借りることもできるので、借入・返済を繰り返していると10年以上も取引を続けるというケースもあるでしょう。返済に長期を要することを考えれば、収入の安定性が大切となるわけです。今は無理なく返済できていても、途中で返済不能になってしまえば、利用者だけでなく金融機関も困ります。転職をすると給料が下がることが多く、同時に返済能力も低下してしまうのです。返済能力ギリギリの金額を借りてしまった場合、転職することで今まで通りの返済を続けることが難しくなる可能性があります。無担保ローンの商品概要を見て勤続年数が記載されていない場合は、金融機関に確認してみるとよいです。勤続2~3年という方は問題ありませんが、2年未満の方は念のために聞いておくのもいいでしょう。審査を受ける前に聞いておけば、不必要な審査を避けられることもあります。勤続2年以上のローンだと、勤続1年の方が審査を受けても落とされてしまうでしょう。信用金庫やJAのローンは、消費者金融や銀行と比べて勤続期間が短くても融資してくれる傾向があります。勤続1年で借りられるローンもあるので、勤続期間が短い方は検討しましょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

無担保ローン|勤続年数は関係ある?何年でOK?関連ページ

カードローン人気ランキング

 

メニュー

 
OCO注文 脱毛 永久脱毛