無担保ローンにおける年収の重要性とは?

無担保ローンにおける年収の重要性とは?

  •  
  •  
  •  

無担保ローンにおける年収の重要性とは?

無担保ローンとは、その名前の通り、担保無しでお金を貸すことです。土地や家などを担保に入れる必要もなく、連帯保証人も不要となっています。とはいっても、全くの無条件でお金を貸すわけではありません。契約者が働いていて、安定した収入を得ていることが借入の条件になっています。要は、本人の「信用」を担保にしてお金を貸しているわけです。「信用」といえば、個人信用情報を思い浮かべる人も多いと思います。たしかに、過去のクレジットカードやローンの利用実績はとても重要です。しかし、クレジットカードやローンを延滞せずに約束された期日を守って返済するということはある意味で当然のことであり、それはお金を借りるための絶対条件であると言えます。「過去に約束を破っているけど、今度はきちんと返済するのでお金を貸してください」と言っても説得力がありませんね。人間である以上、うっかり口座に残高を用意するのを忘れていて延滞をしてしまうことはあるので、1回や2回の延滞ならば大目に見てくれることはあります。無担保ローンで重要になるのは、やはり返済能力を表す年収です。消費者金融では、総量規制がかかるので年収の3分の1を超える貸付を受けることは法律的にできません。銀行は総量規制の対象外ですが、法律の規制がなくてもやはり年収の3分の1程度が目安になります。住宅ローンでは、数千万円という高額な資金を借りることができますが、それは住宅を担保に入れているからです。土地、建物といった高額な担保を提供しているからこそ、自分の収入をはるかに上回るお金を借りることができるのです。担保の無いローンでは、やはり年収が大切になります。その他には、勤続年数、勤務先、勤務形態なども重要になります。勤続年数が少ないと、この人はまたすぐに転職してしまうかもしれないと思われてしまい、不利になります。勤務先が安定した企業であるかどうかも重要です。会社が潰れてしまうとボーナスや退職金が支払われないことがあるからです。その意味では会社が倒産することのない公務員が最も有利です。勤務形態については、アルバイト、自営業、派遣社員、契約社員、正社員といった順に有利になっていきます。もちろん、派遣社員であっても派遣会社の正社員となっていて専門的な職業に就いている場合もあるので、ケースバイケースです。こういった項目が総合的に判断されて、借入できる金額が決まります。公務員や大企業の正社員ならば、年収の半分まで融資を受けられることも珍しくはないようです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

無担保ローンにおける年収の重要性とは?関連ページ

カードローン人気ランキング

 

メニュー

 
OCO注文 脱毛 永久脱毛