無担保ローンでリボ払いを利用する際に注意すること

無担保ローンでリボ払いを利用する際に注意すること

  •  
  •  
  •  

無担保ローンでリボ払いを利用する際に注意すること

無担保ローンの支払い方法は複数あり、必ずと言っていいほど用意されているのがリボ払いです。商品ページに毎月3 000円~などと記載されている場合、それがリボ払いなのです。毎月少額からの定額返済ができるのでお得に思えますが、メリットだけではありません。返済を長期化させてしまうと、その分だけ多くの利息を支払うことになります。無担保ローンの利息は借入日数と比例するので、借入期間が1ヶ月と2ヶ月では利息の差は2倍となります。利息を抑えるためには、短期間で返済したほうがずっとお得なのです。毎月3 000円ずつ返済するよりも、5 000円ずつ返済したほうが完済までの期間は短くなり、支払うべき利息も少なくなります。最も利息が大きくなる支払い方法がリボ払いなので、支払い方法を選択するときはよく注意しておきましょう。無担保ローンの代表格といえばキャッシングとカードローンですが、この2つは任意返済ができるのが普通です。任意返済とは自分の好きなタイミングで返済できるもので、毎月の約定返済とは別に返済します。例えば、毎月の10日が約定返済日の場合、13日と25日に追加返済をするといった方法も可能です。任意返済は義務ではなく、あくまで自分で決定するものです。毎月の約定返済さえ実行していれば、任意返済はしなくてもいいのです。ボーナス返済のように義務化したものではないので、無理に行う必要はありません。無担保ローンのリボ払いは、できれば避けたほうが無難でしょう。ただ、基本的な返済方法としてリボ払いが設定されていることは多いため、その場合は任意返済を組み合わせていくといいです。毎月の返済額を最小限に抑えつつ、余裕があるときコツコツと任意返済をしていくのです。早期に完済することは、利息を減らすために一番大切なことです。利息を節約するためには、ほとんどの方は低金利で借りることを考えるでしょう。もちろんこれも大切なことですが、それ以上に短期返済することのほうが重要です。無担保ローンの金利はどこで借りても大きな差はないのです。消費者金融が18%なら、銀行は15%といった感じです。それに対して返済期間は、自分の工夫次第で大幅に短縮することができます。完済まで3ヶ月と1ヶ月では利息は3倍も変わってきます。利息を抑えるためには短期返済を意識して借りることです。そうすれば、無理をして高額を借りようとは思わなくなるでしょう。少ない金額を借入したほうが、間違いなく短期間で完済できるからです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

無担保ローンでリボ払いを利用する際に注意すること関連ページ

カードローン人気ランキング

 

メニュー

 
OCO注文 脱毛 永久脱毛