無担保ローンを相続してしまった場合はどうすればいい?

無担保ローンを相続してしまった場合はどうすればいい?

  •  
  •  
  •  

無担保ローンを相続してしまった場合はどうすればいい?

無担保ローンは、その名の通り担保がなにもないローンのことです。住宅ローンのような担保付きのローンならば、主債務者が返済不能になったとしても、担保に入れている土地と建物を売却してローンの返済にあてることもできます。さらに、住宅ローンの場合には団体信用生命保険にも加入しているので、主債務者が死亡したら返済義務はなくなります。無担保ローンの場合、債務者が死亡したら、その妻や子供が借金を相続してしまいます。しかも、担保がなにもないので、借金の全額を自分の力で返済しなければなりません。なるべく自分がした借金は自分が生きているうちに返してしまい、それができない場合には自己破産などの債務整理をして子供や配偶者に迷惑をかけないようにしたいところですが、もしも借金を相続することになってしまった場合、どうすればいいでしょうか?死亡の事実を知ってから3ヶ月が経過していないならば、相続放棄や限定承認という方法が取れます。前者はその名の通りすべての権利義務を引継ぐことを放棄するということであり、プラスの財産もマイナスの財産も両方引継ぐことがなくなります。後者の限定承認は、プラスの財産からマイナスの財産を差し引き計算して、プラスである場合にはそれを受け取り、マイナスである場合にはそれを放棄するという手続きです。例えば、500万円の貯金と1000万円の土地、1800万円の借金があった場合に限定承認をすると、300万円の借金については放棄して、500万円の貯金、1000万円の土地、1500万円の借金を引継ぐことになります。これらの手続きは相続の開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をする必要があります。3ヶ月を経過してしまっている場合には、自動的に単純承認となり、すべての権利義務を引継いでしまいます。この場合でも、弁護士に相談をすることで解決ができる場合がありますので、なるべく早めに弁護士に相談をしてみましょう。借金を相続した場合でも、死亡した主債務者が長期延滞や違反行為をしていなければ、期限の利益は喪失していないので、引き続き分割払いで借金を返済していくことができます。しかしそれでも借金を返済していくことが難しい場合には、すぐに弁護士に相談をして、任意整理などの債務整理の相談をすることが大切です。借金問題は放っておくと状況が悪くなっていくケースが多いので、早めに相談をすることが大切です。相談が遅れてしまうと、任意整理で解決できたものが自己破産をしなければならなくなることもあります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

無担保ローンを相続してしまった場合はどうすればいい?関連ページ

カードローン人気ランキング

 

メニュー

 
OCO注文 脱毛 永久脱毛