無担保ローンは他社借入にカウントされない。その理由とは?

無担保ローンは他社借入にカウントされない。その理由とは?

  •  
  •  
  •  

無担保ローンは他社借入にカウントされない。その理由とは?

消費者にとって一番使い勝手のいいお金を借りられるサービスは、審査のスピードや融資を受けられるまでの時間が短時間で済む消費者金融のキャッシングとなります。消費者金融のキャッシングでは保証人なし、無担保で融資を受けられるため、その手続きに面倒なところはありません。しかし、消費者金融のキャッシングというものは総量規制の対象となっているのですでに年収の3分の1まで借入をしている人や、借入を希望する金額が年収の3分の1を超えるような人の場合には新規に借入ができなかったり、希望する金額の全額を借入できないというケースがあります。それに対して銀行のカードローンは総量規制の対象となっていません。そのため、すでに借入がたくさんあるという人や借入を希望する金額が大きいという人の場合であっても、銀行のカードローンならば借入ができる可能性があります。しかし、銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングと同様に融資を受けるにあたっては保証人、担保が不要となっています。そのため、カードローンの審査では消費者個人の信用力というものが融資が可能かを判断する非常に重要なポイントとなってきます。この場合、消費者の信用力というものは返済能力ということになるので、借入れたお金を確実に返済できる能力があるかが審査の結果を大きく左右します。そのため、審査ではまず、カードローンの利用を希望している消費者の収入、勤務先への勤続年数がチェックされることになります。また、それと同時に個人信用情報機関に登録されている現時点での借入額や返済履歴などの情報が参照されることになります。特に現時点での借入額というものは重要なポイントとなっており、あまりにも複数の借入件数があるような場合にはカードローンの審査に落とされてしまう可能性が高くなります。複数の借入が有るような人の場合、将来的に返済が困難になってしまう可能性が高いというのがその理由です。そのためカードローンを申し込む際には、その申込書には他社借入を記載する欄が設けられています。カードローンを申し込むときにはその欄に他社借入を記載する必要がありますが、これに該当するのが借入にあたって担保を必要としない無担保ローンとなります。無担保ローンの具体例としてはキャッシングやカードローン、おまとめローンなどの担保を必要とせずに融資が受けられるローンがありますが、このような無担保ローンに関しては他社借入にカウントされることがないのでカードローンの申し込み時に記載する必要はありません。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • オリックス銀行カードローンで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

無担保ローンは他社借入にカウントされない。その理由とは?関連ページ

カードローン人気ランキング

 

メニュー

 
OCO注文 脱毛 永久脱毛